コードレビューを自動化

プルリクエストを自動で解析し、コード規約違反やアンチパターンに基づく設計などの様々な問題を検出・指摘することで、開発チームの生産性を大幅に改善します。
Index window screenshot ja
  • Index merit icon bug
    問題の検出
    レビューで確実にバグを見つけ、品質の低いコードが出荷されることを防ぎましょう。SideCIは、先人の知見が詰まった解析ツールを利用して、様々な問題を検出します。
  • Index merit icon time
    コードレビューの時間を節約
    コードレビューには最大で30%もの時間が費やされており、膨大な工数となっています。一般的なレビュー事項を自動でチェックして、レビューの工数を削減します。
  • Index merit icon dry
    DRYなレビュー
    一度、解析ツールを設定すれば、その後は自動でレビューが進みます。SideCIを使えば、何度も同じ指摘を繰り返す必要はありません。
  • Index merit icon fine
    疲労を軽減
    似たような指摘の繰り返しはレビュアーを疲弊させます。繰り返しを減らして、レビュアーの疲労を軽減し、製品の開発に集中できるように助けます。

豊富な解析ツール

Logos
様々なプログラミング言語や環境をサポートするため、SideCIでは多数の解析ツールを提供しています。複数の解析ツールで同時に使うこともできるので、例えば「Railsプロジェクトの中に含まれるJSプログラムを検査したい」といった場合も問題ありません。RuboCopとESLintで検査をしましょう。

プライベートリポジトリは月3,200円から。
まずは無料トライアルで

オープンソースプロジェクトではすべての機能が無料。
プライベートリポジトリは14日間の無料トライアルでお試しいただけます
オープンソースプロジェクト
無料
プライベートリポジトリ
3,200円/月〜

解析結果まで30秒。
無料ではじめられます

オープンソースプロジェクトはすべての機能が無料。
プライベートリポジトリは無料トライアルでお試しいただけます