SideCIのレビューが異なる文化を持つ国同士での共同開発の架け橋に。
SideCIが二国間でのチームでのコーディング規約の導入を助け、双方のエンジニアリングカルチャーの育成を促進。

株式会社じげんについて

株式会社じげんは、数多くのライフイベントにおける最良の意思決定を支援するメディアを運営しています。人々がより良く生きるための選択肢を提供することで、じげんが定義する「生活機会」の最大化を目指し、インターネットを通じて社会と繋ぐ場を提供しています。運営サイトには、求人情報サイトである アルバイトEX, などがあげられます。

なぜSideCIを選んだか?

日本とベトナムの国をまたいだGitHub上での開発プロジェクトにおいて、コードレビューがスムーズに進まない問題が発生しました。日本側は可読性の低いソースコードを逐一レビューすることの時間的な負荷を嫌い、一方のベトナムは文化的な背景からかそもそもコードレビューやコーディング規約自体への理解が十分ではありませんでした。スタイルを統一してレビューの負荷を低減しようと、コーディング規約とそれを用いたRuboCopの設定をベトナム側に渡し実行できるようにしましたが、実際の運用は開発者によってまちまちで、目に見えるような改善は得られていませんでした。

コーディング規約についていちいち指摘しなくても済むようなもの、さらにGitHubと連携して開発サイクルの中で確実に検査が実行できるようなものを探した結果、SideCIにたどり着きました。SideCIは手軽に導入でき、解析時のコードの扱いが安全だと判断できたため導入をしました。

効果

SideCIによってチーム全体から見えるところに指摘があがることから、ベトナムチームはこれまでと逆にコーディング規約が守られていないことを恥ずかしがるようになり、コーディング規約が守られるようになりました。ベトナム側でも、保守性と生産性が上がったという実感を持っているため、今ではコードレビューを日常的に行うようになりました。

事前にSideCIでチェックしてスタイルの違いなどを修正することで、時間的な負荷も小さくなり、スムーズにレビューをすすめられるようになりました。日本側でもコーディング規約が徹底されるようになり、最近のレビューでは、コーディング規約の違反といった細かなコードの書き方についてでなく、仕様の改善などのレベルの話し合いがほとんどになってきました。

Photo

解析結果まで30秒。
無料ではじめられます

オープンソースプロジェクトはすべての機能が無料。
プライベートリポジトリは無料トライアルでお試しいただけます