会社概要

  • 今回ご協力頂いた企業: Dive into Code
  • ご利用開始年月日: 2015年10月
  • ご利用人数: 2名

はじめに

Dive into Codeは、ゼロから始めるプログラミング講座と自社サービス開発、受託開発を行プログラミングスクールです。「Dive into Code」は、初めてプログラムをする人をプログラミングで稼げるところまで鍛えあげる、Ruby on Railsの講座を提供しています。

チーム開発がわかり仕事としてプログラムを行えるように生徒を成長させていくことが最大の特徴の同社では、講座の卒業生に実際の受託案件を提供しています。作りたいものはあるが、開発者がいない、どのようにはじめていいかわからない、どんなエンジニアを採用していいかわからない、スタートアップや、非ITの企業のニーズに応え講座の卒業生による時間制の受託開発をおこなっています。

そんなDive into Codeで、SideCIを導入した狙いと今後への期待をきかせていただきました。

Dive into Code サイトイメージ

Dive into Code サイトイメージ

※ Dive into Codeは タイムシフト株式会社 が運営するプログラミングスクールです。

レビューは自動で行いたい

― Dive into Codeさんではどのような動機でSideCIに興味をもったか教えて下さい。

野呂さん: 講座のセミナーを行っていたり、自社のサービスを作ったりすることがある中で、レビューをすることの重要性を感じていました。しかし、レビューをするということだけでも、ゼロから育っていく生徒さんたちと比べると、高いレベルのノウハウが求められます。これを自動化できたら良いと思っていたところでSideCIを見つけました。

代表取締役野呂さん

代表取締役野呂さん

野呂さん: 講座の卒業生が受託開発をする際にも、一定のコード品質を保証できるということも魅力でした。エンジニアには、高速化したり、アルゴリズムを改善したりという、ビジネスのコアのところにエンジニアのパワーを集中して、きちんと稼げるようになってほしいと考えています。そのために、OSS業界の作法を自動的にチェックしてくれるという点が魅力的でした。

野呂さん: 誰でもチェックできる部分のレビューは、きちんと自動化して、それをきっかけにレビューを受けた生徒さんやエンジニアが自ら成長していく、そんな仕組みを作ろうと考えました。

使ってみてどうでしたか

中尾さん: コードレビューをしてもらうことにより、自分の成長につながっているなーというのが一番の実感です。結構戸惑うことも多くて、自動生成したコードがエラーになる
こともあるのですが、それをきっかけに調べていき、rubocopはどうやら厳しいぞということに気づき、それについてカスタマイズしてチェックをオフにしました(笑)

中尾さん

中尾さん

中尾さん: コードの規約や文法などに、SideCIのコードレビューをきっかけに気づいたり調べたりすることがあり、自分を成長させる視点として役立っていると感じています。

野呂さん: まずい書き方に自分で気づかないということが一番の問題で、それに気づくには技術のあるエンジニアが必要になるのですが、そこを自動でできるのはありがたいです。

今後の課題

中尾さん: まだまだ使いこなせていないなという思いがあって、カスタマイズなどができていくともっと良いなと思っています。

野呂さん: 今後、講座の中のGitHubを使っていく場面などにも導入していきたいと考えています。生徒さんたちがそれをきっかけに質問するように使うことで、生徒さんたちがより成長していくことができるきっかけになっていくと考えています。

左から野呂さんと中尾さん

左から野呂さんと中尾さん

解析結果まで30秒。
無料ではじめられます

オープンソースプロジェクトはすべての機能が無料。
プライベートリポジトリは無料トライアルでお試しいただけます

導入事例一覧

Startup technology

SideCIに指摘される事がないチームでも、SideCIは欠かせない

株式会社スタートアップテクノロジー のみなさま

Street academy

エンジニアも“学び”続けることでユーザーの人生をより豊かに

ストリートアカデミー株式会社 のみなさま